自分の印象を残す

自分の名前や勤め先の情報を伝えるために名刺を渡しているという方がほとんどでしょうし、名刺はそのために使うものだと思い込んでいる方も少なくありません。

確かにそれも名刺を渡す目的ではありますが、名刺というのは自分の分身です。

自分の印象を相手に残すという目的でも使えますし、相手にしっかりと印象を残すことができればそこからビジネスチャンスが広がることも十分考えられるでしょう。

ただ、そのためには名刺の作りにも多少工夫を凝らす必要がありますし、渡し方についても考えなくてはなりません。では、どのような名刺が相手に強い印象を残せるのかということですが、最近流行りなのは顔写真入りの名刺です。

顔写真が入っている名刺だと相手の方に忘れられてしまうことも少ないですし、より覚えてもらいやすくなるでしょう。ビジネスマンは日々たくさんの方と名刺交換していますし、ごく普通の名刺だとどうしてもほかの名刺の中に埋もれてしまいます。

顔写真が入っている名刺ならそれだけで強烈なインパクトを残すことができるでしょうし、後から名刺を見て「ああ、あの人か」と思いだしてもらうこともできます。自分の印象を残すためという目的も名刺にはあるのです。

目的に合わせた名刺を

投稿日: